ティアワナク遺跡

ティワナクまたはティアワナクとして知られているこの考古学地帯は

ラ・パス市から72Km、ティティカカ湖の南20Kmの場所に存在する。この遺跡はユネスコの人類の文化遺産として登録されている。

ティアワナク文化は前コロンブス期の文化で、ペルー、ボリビアとチリの高原地帯から太平洋まで栄えた文化である。ティアワナクの建築が特有であり、その文化の名の由来は明確ではない。ティアワナク人、別名タイピカラ人は色々な合金を実験し、青銅の製造に成功し武器の原料として使いかなりの武力を勝ち得た。医学もかなり進んでいたと言われている。陶器は2006年までに発掘されたものの中では南米大陸では唯一で特有なものである。建設物にも特徴があり、10トン以上の岩石で作られており周辺の岩山から切り取って運んだものである。ティアワナク帝国は紀元前1500年頃建造され、小さな村から紀元前300年から500年までにアンデス南部において大きな帝国に発展していった。中心の町は6Km2くらいの大きさになり約3万人が住んでいたといわれている。1200年に突然この文化が消え、同時にその文化も消滅していった。ティアワナク遺跡は7つの大きな建設物からなり、それらはカラササヤ、半地下神殿、アカパナのピラミッド、カンタタジータ、プトゥニとプーマ・プンクである。

太陽の門

太陽の門(インティ・プンク)はティアワナク遺跡にある最も有名モニュメントである。太陽の門のリリーフで飾られた模様はティアワナク文化が至った最も精密な技術の見本として世界に知られている。この石造は約10トンの一つの岩で作られている。以前は単独なモニュメントではなく、同じ種類の石が使われているアカパナピラミッドの上かカラササヤ神殿の中での大きな建設の一部であったと言われている。

コパカバーナ~太陽の島~ティワナク~ラ・パス

COPACABANA-ISLA DEL SOL-TIAHUANAKU-LA PAZ 3泊4日

1日目 ペルーとの国境カサニに集合し(時間任意)、コパカバーナに移動。カテドラル、地元の市、民芸品店を見学。ホテルにて宿泊。(オプション)

2日目 午前8時、ホテルを出発。専用船にてティティカカ湖を横切ること1時間半、太陽の島ユマニに到着。石段を上り「若返りの泉」を見学。ピルコカイナ遺跡まで1時間歩き、アプタピと呼ばれるアンデス地方料理の昼食をとる。専用船にてコパカバーナまで行き、ラ・パスに戻る。ホテルにて宿泊。

3日目 午前8時、ホテルを出発。一時間半後、ティワナクに到着。博物館および遺跡の見学。(アカパナのピラミッド跡、半地下神殿、カラササヤ神殿など)ラ・パスに戻り、市内観光、月の谷見学の後、ホテルに到着。

フォルクローレ・ペーニャ。(オプション)

4日目 ホテルから空港に移動。

ラ・パス~ティワナク~コパカバーナ~太陽の島

LA PAZ- TIAHUANAKU-COPACABANA-ISLA DEL SOL 3泊4日

1日目 空港からホテルに移動。市内観光、月の谷見学。午後2時、ホテルを出て市内でショッピングの後、ホテルに戻る。

2日目 午前8時、ホテルを出発。一時間半後、インカ前の遺跡が残るティワナクに到着。博物館および遺跡の見学。(アカパナのピラミッド跡、半地下神殿、カラササヤ神殿など)エル・アルトまで戻った後(所要時間1時間)、3時間半車を走らせコパカバーナに到着。ホテルにて宿泊。

3日目 午前8時、ホテルを出発。専用船にてティティカカ湖を横切ること1時間半、太陽の島ユマニに到着。石段を上り「若返りの泉」を見学。ピルコカイナ遺跡まで1時間歩き、アプタピと呼ばれるアンデス地方料理の昼食をとる。専用船にてコパカバーナまで行き、ラ・パスに戻る。ホテルにて宿泊。

4日目 ホテルから空港に移動。